美女子

キレイになりたい女子を応援する美容情報発信ブログ

Read Article

BBクリームとCCクリームの違いは?スキンケア効果やメイク効果はどう違う?

BBクリームとCCクリームの違いは?スキンケア効果やメイク効果はどう違う?

今やベースメイクアイテムの定番として位置づけられているBBクリームCCクリーム
さらにはDDクリームなるものまで登場して、一体何が何だか分からなくなっていませんか?

今回は、BBクリームとCCクリームの違いについて調べてみました。
スキンケア効果やメイク効果はどう違うのか、まとめてみますね!

 

 

まずはBBクリームの意味や特徴から

メイクアップができるスキンケアクリームの中で、最初に定番化したベースメイクアイテムがBBクリーム
韓国コスメとしてブームになったことは記憶に新しいのでは?
そのため、BBクリームは韓国発のスキンケアクリームだと思われているようですが、もともとはドイツの皮膚科医が手術後の傷跡が気になる患者さんのために開発したものだそう。
皮膚科でのピーリングなどの施術後でも問題なく使うことができ、軽いメイク効果も兼ね備えたスキンケアクリームがBBクリームです。

それが後に韓国セレブの間で話題となり、“韓国女優の美しさの秘密”として日本でもブームになったとのこと。
日本をはじめ世界で発売になったときにはアレンジが加わって、自然なメイクと日焼け止め効果があるスキンケアクリームという位置づけになっています。

BBクリームのBBとは、Blemish Balm、あるいは Beauty Balm の頭文字をとったもので、「傷や欠点を隠すためのバーム」という意味。
その名の通り、トラブルが気になる肌をしっかりとカバーできるベースメイクアイテムとなっています。

 

つぎはCCクリームの意味や特徴について

BBクリームがベースメイクアイテムとして定番化した後、追いかけるようにして登場したのがCCクリーム
CCクリームの位置づけはブランドによって異なるようですが、CCの意味としては、Color Correcting(色の補正)、Color Control(色のコントロール)の略と考えられます。

医療の側面から開発されたBBクリームと違って、CCクリームは元から美容を目的として開発されたスキンケアクリーム
BBクリームよりも使用感が軽いのが特徴で、肌の色を補正することできれいに見せてくれる効果があります。

 

 

スキンケア効果やメイク効果はどちらが高い?

BBクリームとCCクリームのスキンケア効果やメイク効果を分かりやすく比較するために、ファンデーションを交えて効果の高い順から並べてみました。

スキンケア効果の高い順
BBクリーム>CCクリーム>ファンデーション

メイク効果の高い順
ファンデーション>CCクリーム>BBクリーム

肌を癒やす効果が高いのは、医療の側面から開発されたBBクリーム、肌を美しく演出する効果が高いのはファンデーションということになりますね。
CCクリームは、BBクリームとファンデーションの中間という位置づけなので、シミや色ムラなどの肌色補正を行いながら、スキンケア効果も期待できるという存在。

もちろん、BBクリームやCCクリームにファンデーションを重ねることもできるので、カバー力はいくらでも思い通りに調整することができます。

 

ちなみにDDクリームとは?

スキンケアクリームはBBクリームとCCクリームだけに留まりません。
なんと、DDクリームなるものまで登場しているんですよね。

DDクリームのDDとは、Dynamic Do-All の略で、「強力なオールインワン」を意味します。
BBクリームやCCクリームに似たテクスチャーで、保湿効果は抜群
BBクリームやCCクリームと同じようにUVカット効果も備えており、これら以上にカバー力が期待できるベースメイクアイテムなんだそうです、
しかもアンチエイジング効果もあるとのことなので、まさに大人世代にぴったりのスキンケアクリームになります。
DDクリームはオールインワンなのが魅力的ですね!

 

BBクリーム、CCクリーム、DDクリームそれぞれに特徴がありますが、基本的には使用感やカバー力で自分の好みに合ったものを選ぶのが一番!
いろいろなスキンケアクリームを肌の状態によって使い分けるのもおすすめです。
あなたに合ったベースメイクアイテムに出会うことができればいいですね!

 

 

Return Top